有線LANと無線LANでレイテンシ(遅延・ping)と速度の違いをテストした

スポンサーリンク

 

無線LANを新しくして回線が安定したので、前から気になっていた有線と無線でレイテンシ(遅延、ping)とダウンロード速度にどのくらい差があるのか軽く実験した。無線で問題ないならゲームも無線に移行を考える。

使ったサイト:fast.com
光回線:フレッツ光隼ネクスト
使用機材:MacBookAir2013
ルーター:TP-Link Anchor C50
時間:2018年11月8日1時20分から10分間

方法:有線で測定→5Ghzで測定→2.4GHzで測定→場所変えて5GHz→2.4GHz→再度、有線で測定

主要アプリはChrome以外切って、タブはFast.comのみ、バックグラウンドも大きいものはほぼ動いていないことを確認。

レイテンシ(遅延・ping)と速度の調査結果

ルーターとの距離 ダウンロード(MB) アップロード(MB) レイテンシA(ms) レイテンシB(ms)
有線 78 90 19 24
無線5GHz 30cm 63 75 21 24
無線5GHz 3m、壁あり 77 73 19 28
無線2.4GHz 30cm 27 34 24 59
無線2.4GHz 3m、壁あり 34 22 16 70
有線(再度) 91 86 21 33

レイテンシAは、「アンロード済み」のこと。
レイテンシBは、「ロード済み」のこと。

レイテンシ数値のどちらを見ればいいのかと言うと、ゲームしかやってない状態ならレイテンシA(アンロード済み)の数値だけを見ればいい。バックグラウンドでゲームと同じぐらい他の通信が行われている場合はレイテンシB(ロード済み)も関係する。

無線のテストはルーターのすぐ近くと、離れた部屋(壁2枚貫通)の2箇所で行った。

気づいた点

  • アンロード済みレイテンシは有線も無線も大差ない
  • 距離や壁も3mぐらいなら関係ない
  • 無線5GHzは有線と大差ない
  • 2.4GHzのロード済みレイテンシが大きい
  • 2.4GHzのダウンロード・アップロードが遅い

上記のテストは1回分しか載せてないが、同じ場所で何度か試していて、同じ回線でもレイテンシはだいたい5msぐらいの幅、ダウンロード速度は5〜15MBぐらいの差は出る。つまり、レイテンシAの差は有線・無線どれでも誤差の範囲内だった。

無線5GHzを使った場合、ほぼ有線と変わらないと言えると思う。

うちの場合、無線の2.4GHzはやや問題があるように思う。まずダウンロード速度が半分になり、アップロード速度がかなり弱くなっていた。
アンロード済みのレイテンシは他と大差ないから問題ないが、ロード済みのレイテンシが高くなるのが気になる。

スマホやiPad、Nintendo Switchなどの新しい携帯ゲーム端末はほぼ5GHzに対応しているので、今までは2.4GHzと5GHzどっちでもいいやと思っていたが今後は5GHzに繋いでやることにする。

PS4は新型は5GHzに対応しているが、古い機種は対応していないのでチェックが必要。0.01秒に勝負をかけるFPSのようなゲームじゃなければ2.4GHzでもいいと思う。
僕の場合はゲーム部屋まで有線をすでに引いているから無理に無線にする必要もないが、今後ゲーム用PCを買ったりしてもう一本ケーブルを引いてくる必要がでてきたら、PS4は無線にしようかと思っている。

今日の結論

5GHzを使うなら、無線でゲームはアリ。

これはあくまでもうちのケースでかなり大雑把なテストなので、全てそうだと言うわけではありませんのであしからず。

 

うちで使ったルーターはこれです。買った理由は安かったから。