ステンレス製物干しハンガーの洗濯バサミがサビだらけになったのでサビを落とす

スポンサーリンク

ステンレス製 物干しハンガーの洗濯ばさみが錆びた件

ステンレス製と書いてあった物干しハンガーの洗濯バサミがありえないぐらい錆びました。半分以上茶色になっています。

錆びないことが取り柄のはずなのに、ひどい状態です。

え、ステンレスって錆びるの?おかしいでしょこれ??

考えられる原因としては、

  1. ステンレスじゃなかった
  2. ステンレスは表面コーティングだけで剥がれたところが錆びた
  3. 空気中の付着物が原因で化学変化を起こし錆びた

など多々ありますが、現実としては、

  1. ステンレスなのに錆びた

というたった一つの事実だけが目の前にあります。理由はどうであれ、このまま使えば衣服にサビが移って取れなくなってしまうため、すべてサビを取り除けなければ捨てるしかありません。

 

めんどくさーーーと思いながらも、サビ取りに挑戦しました。使ったのは、バイクのエキパイのサビを取り除くために買っておいたサビ取り剤。ホームセンターで売ってる化学変化でサビを落とす液体タイプの物とほぼ同じです。Amazonで買うよりホームセンターで買うほうが安かった気がします。

ステンレスの洗濯バサミのサビを全部取る

用意するもの

  1. 錆取り剤
  2. ゴム手袋
  3. 厚手のタッパー(洗濯ばさみが全部入るくらい)
  4. ふで(なくてもいい)
  5. 要らないバスタオル
  6. 仕上げにビニールとクレ556(なくてもいい)

 

錆取り剤は化学変化でサビを落とす液体タイプを使いました。ホームセンターだとやすいと思います。

アトムハウスペイント さび取り剤 100ML
アトムサポート株式会社
¥ 478(2018/11/02 20:32時点)

 

すごく臭くなるので外で作業必須です。錆取り剤の使用方法をよく読んでやってください。

ハンガーと洗濯バサミを分離させる

この手のステンレスや金属の洗濯バサミは、ハンガーと洗濯バサミが輪っかで接続している形が多いので、一旦全部洗濯ばさみを取り外します。めんどくさいけど、やります。

レシピ:洗濯バサミと錆取り剤の和え物

タッパーにすべての洗濯バサミを入れます。

おもむろに上から錆取り剤をぶっかけ、まぜまぜします。必ずゴム手袋をしてください。薄い手袋とか、化学変化で穴が開くケースもあるかもしれないので注意。食器を洗う用の厚手のを使いました。

錆取り剤は8割くらいつかってしまいました。ドレッシングを大量にかけるような感じでまんべんなくかけます。時々洗濯バサミを開いて、挟む部分にも錆取り剤をつけるようにします。写真はかなりサビが落ちたあとで撮ってしまったのが心残りです。実際は茶色でしたので、サビが非常に落ちています。

ゴム手袋でもみもみすると、ゴム手袋側にサビ取りの液体がつくので、その液体を、今度はハンガー部分になすりつけます。ハンガーは衣類を干すときと同じように物干し竿にかけておくと液体をつけやすいです。もみもみしてからハンガーになすりつける、これを繰り返します。

『洗濯バサミの錆取り剤和え』が完成したら、食べずにお湯で洗い流します。拭くのがめんどくさい形状なので、洗います。僕は10分ぐらいで流してしまいましたが、もう少し漬け置きしておいてもよかったかなぁと反省しています。

ハンガーの方は乾いた雑巾でこするとサビが落ちているはずです。

乾かすときは、不要なバスタオルの上において、丸め込んで振ったり揉んだりすると乾きます。

8割くらいきれいになりましたが、挟む部分のサビは錆取り剤も当てにくく、サビが残っていることがあります。最後にひとつひとつ拭いて、ピンチ部分にあまりにもサビが残っていたら使用不可能なので、捨てたほうがいいです。落ちるまで錆取りを繰り返すのはめんどくさい、、かな。

仕上げにビニール袋に入れてKURE556を吹きかけました。あまりかけると残ってしまうので軽くコーティングする感じでやっておきました。

これでまたしばらく使えるようになりましたとさ。

アトムハウスペイント さび取り剤 100ML
アトムサポート株式会社
¥ 478(2018/11/02 20:32時点)