鼻歌検索で曲名と歌手を当てるアプリ「Sound Hound」が10年以上わからなかった曲を教えてくれた

スポンサーリンク

街中で流れてくる曲を、スマホのマイクで検索できるアプリで有名なアプリが2つある。「Shazam(シャザム)」と「Sound Hound(サウンドハウンド)」だ。Shazamは2017年12月にAppleに買収された

Sound HoundとShazamではできることが少し違う

「Sound Hound」と「Shazam」は似ているができることが微妙に違う。街中で流れてきた曲を検索できるのは同じだが、「Sound Hound」は鼻歌での曲検索機能あり、これが非常に優れている。鼻歌で曲がわかるアプリなのだ。だから僕はSound Houndの方を使っている。

僕は10年以上前に旅先でひたすらラジオから流れていた覚えやすいフレーズの曲を思い出した。イントロギターとメロディラインは覚えていたが、ずっと曲名がわからないままだった。これをSound Houndの前で鼻歌を歌ってみたところ、なんと1発で出てきた。今Spotifyで聴いている。この曲だった。

Shazamだと鼻歌を歌っても認識してくれない。Apple製品で使えるSiriでも「曲名を教えて」と問いかければ鼻歌にも対応しているはずなのだが、この曲はSiriに歌っても何も検索結果が出てこなかった。Soundhoundは候補を3つも出してくれたのでわからない曲でもフレーズだけ覚えていれば曲名がわかる可能性がある。

 

Soundhoundはアプリが2つあり、無料版とアンリミテッド版というのがある。僕はなぜか有料版を持っていたが、無料版との違いは主に広告が出るか出ないかくらいだと思う。無料版でも予め端末に入れておけば、好きな曲が流れてきたときにさっとスマホを出してすぐに検索することができる。

iPhone用リンク

Android用リンク

 


 

追記:2018年1月22日

少しだけ使い方を追記しておきます。

Soundhoundの使い方

アプリを起動する。最初にマイクへのアクセスの許可が必要。位置情報と通知のチェックは外しても使える。

自分の歌声だけじゃなく、街中の音楽、流れてくるラジオなども音楽を抽出できる。

Amazon Echoから流れてくる曲で試してみた。上の丸い部分をタップ。

聴き取り中。そして。。。

でたー!ノラジョーンズでした。

歌詞もここから表示できる。

他の音楽アプリと連携させることも可能。それにはSoundhoundのアカウントが必要。
プレビューだけならアカウントは要らないので、抽出した曲が合っているか確認できる。