SONY ポータブルラジオ ICF-506レビュー。音も良いし防災用にも良さげ

スポンサーリンク

SONYのポータブルラジオICF-506のレビューです。

SONY ICF-506レビュー

外観 スッキリしたデザイン

最近はラジオもずいぶんスッキリしたデザインでスタイリッシュになりましたね。

操作感 高齢者でも使えそう

見た目はスッキリしていますが、向かって右側の大きなダイヤル2つで音量とチューニング操作をし、手前のスイッチで電源オンオフとAM/FMを切り替える仕組みです。わかりやすく、高齢者も安心して使えそうです。

電池は単三電池3本。35時間駆動

電源コードもついていますが、挿すのがめんどくさい人は電池運用になるでしょう。単三電池3本で動きます。説明書によると電池持ちはスピーカー使用でAM/FMともに連続駆動で約35時間持ちます。十分ではないでしょうか。

電池カバーもなくさないように外れにくく工夫されていますね。外そうと思えば外せます。

上のハンドルについて

上に取っ手がついてるんですが、アンテナを伸ばした後だと持てないので、先に上側に回しておく必要があります。

音質・感度

ハンディタイプの小さいものよりも当然音は良いです。音質は何と比べるかで全然ちがいますけども、卓上ラジオとしては必要十分な音質であると思います。FMも心地よく聞けます。AMの感度ですが、5年ぐらい前の旧型タイプのほうが若干良かった感じがしました。しかしそれはもう売っていないので、これでも満足しています。

防災ラジオとしてはどうか

先日の北海道地震の停電のとき、みんなが食料以外で必要だと感じたものはラジオだったというニュースを見ました。ラジオも手回し充電機能とライトがついた「防災ラジオ」というタイプもあります。

個人的な意見ですが、全部入り防災ラジオはあくまで非常用であり生活の中では使いにくいので、こういう普段遣いのラジオと予備の単三電池をたくさんストックしておくほうが現実的ではないかと思っています。ライトはLEDランタンが最強なのでそれも別に用意しておくと良いと思います。

結論 気に入りました。プレゼントにも喜ばれそう

というわけで、SONY ICF-506がとても気に入りました。形も良いのでプレゼントしても喜ばれそうですよね。ラジオは今やAmazon EchoやGoogle Homeなどのスマートスピーカーでも聴くことができますが、ダイヤルを回してチューニングする本来のラジオが家にひとつあると安心できていいと思います。台風一過後の大規模停電の後はずっと品切れしていたこのラジオも今は在庫が戻ってきています。

 

常に電池駆動で動かす場合は、エネループなどの充電電池で使うと相性が良いと思います。

家電
スポンサーリンク
\シェアする/
スポンサーリンク
感想みかん