自転車とバイクのスマホホルダー「Tiakia」のレビュー

スポンサーリンク

Tiakiaのスマホホルダーのレビューです。これを自転車とバイクにつけて実際に使ってみました。
4つ角で固定する構造が非常に使いやすいと感じました。

Tiakiaスマホホルダーのセット内容

様々なパイプ径に対応できるゴムクッション。色んな厚さに対応できる両面テープ付きスマホ裏クッション。設置角度もある程度は上下左右に動かして固定することができます。

スマホを取り付けるときの構造

裏側から撮った写真です。

裏側の赤い歯車を回すと、4つのアームが縮小し、スマホが固定されます。外すときは、赤いボタンを押しながら歯車を逆回転して外すことができます。

両側から挟むタイプのスマホホルダーが使いづらくなった理由

今まで使っていたスマホホルダーは有名メーカーから出ているスマホを両側から挟むタイプでした。数年前はこのタイプが主流でしたがスマホホルダーはどんどん進化していて、今では両側から挟むタイプは使いづらいと感じるようになりました。その最大の理由が、スマホのボタン配置との関係にあります。

スマホのボタンは必ず左右に音量ボタンがあり、iPhoneはパワーボタンが上部にありますが、Androidは左右についているものが多いです。左右から挟み込むタイプのスマホホルダーは、このAndrodのパワーボタンを押してしまうことがあるのです。さらに、ボタンエリアを塞いでしまうので、ボタンが押せなくなります。画面をダブルタップで起動できるようなASUSのスマホみたいな機能があればつかえなくもないですが、ひどいときはボタンを押し続けるような状態になってしまい、非常に不便に思いました。

Tiakiaのスマホホルダーを使った感想。4角をホールドするのが非常に良い

Tiakiaのスマホホルダーを使ってみたところ、ボタンを無駄に押してしまうことがありません。4つ角をしっかり固定する考え抜かれた設計で素晴らしいです。

厚みはスマホによって調整できるようにクッションがついているので、自分のスマホにあった厚さのクッションを貼り付けるとぴったり固定されます。僕の場合は手帳型のカバーをしているので、ホルダーにつけるときは少し面倒ですがカバーを外して使っています。

この形のスマホホルダーは類似品が多数ある件

同じ形のスマホホルダーはAmazonに多数出品されているので、1年保証や返品可の商品を選ぶと良いですね。
僕の買ったときはBendaという出品者でしたが、その後Tiakiaに変わり、新しいものは本体真ん中の文字もTiakiaと印刷されているようです。

ホールド感もしっかりしていて使いやすいスマホホルダーがこんな安くていいのかなと思いますね。僕はこれをバイク用に買いましたが、とても気に入ったので自転車用にもう一つ買って使っています。

 


 

後日談。ハンドルへのマウントはバイクだと厳しいかもしれないです

Tiakiaを使ってきた感想としては、自転車だといい感じでしたが、バイク(オートバイ)は向いてないかもしれないです。

理由は、締め方が六角レンチではなく手で締めるしかないこと。スマホを乗せてスピードを出すとかなり風の抵抗を受けるので、思いっきり締めても動いてくることがありました。高速道路など手を離せないシーンで傾いてくると直せないのでかなりマズイです。実際、相当強めに締めたつもりでも、タンクに干渉するくらい垂れて来ることがありました。

ハンドルバーではなくミラーに完全に固定できるタイプ(下記リンクのTiakiaなど)も売っているので、ミラーの形状を見て付けられるならそちらの方が安全度は高そうです。