ルーター多重化の解消をやってみた(AtermとTP-Linkのセット)

スポンサーリンク

記事の概要

1年ほどに、家の中のWi-Fi環境を見直し、光回線ルーターに2台の無線LANを繋いでローミング機能で使い始めた。

無線LANルーター2台を不安定な中継接続にするのをやめて2台同時起動でシームレスに使うことにした(ローミング機能)
無線LAN中継が不安定な日々今作業しているスペースのWi-Fiは、1台ではどうしても電波が届かないエリアができてしまうため、2台の無線LANを親機と子機にして中継で繋ぎ、スペース全体にWi-Fiを行き渡らせる工夫をしていた。しかし...

自分の使い方では問題が起きることはあまりなかったが、ルーターにルーターを接続したこの状態はルーター多重化(二重ルーター)という状態であってあまり良くないものであることを後から知った。

https://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/homewifi/1139799.html

ときどきiPadのChromeがなぜか繋がらなくなり、Wi-Fiをつなぎ直したりすることがあったりもして、もしかしてこのせいじゃ?と思った。周知させてくれた方に感謝しつつこの状態の解消に挑戦した。

自分の環境と知識での結論としては、2台のうち1台だけ買い直して解消した。
自分がやったことは、光回線ルーターに繋いだ無線LAN2台を両方ともブリッジモードで接続し直しただけだが、使用していたAtermのルーター2台のうち1台のブリッジ接続がどうしてもうまく行かず、固定IPアドレスの設定が自分の知識ではできなかったので、TP-Linkのものに買い替えて終わらせた。(知識のある方であればAterm2台でも問題なくできるはずだけど、自分の力不足だった。)

以下はやったこと。

 

使用機器
ひかり電話ルータ PR-400NE
Aterm WF1200HP
Aterm WG1800HP2(自分にはうまく設定できず)
TP-Link Archer C50(買い増し)

やる前の確認

https://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/homewifi/1141132.html

https://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/homewifi/1142213.html

こちらの記事を見て、ルーターが二重になっているか確認した。スマホアプリのFingを使った。

。。。やっぱりなってました、二重ルーター。解消するために、2台のルーターをブリッジ接続にしていく。

Atermのブリッジ接続はPCとLANポートが必須

Atermでブリッジ接続して無線設定するには有線LAN接続が必要。

Atermのルーターをブリッジ接続にすること自体は簡単だった。裏のスイッチをブリッジにしてリセットしただけ。
しかしAtermでブリッジモードの無線LANを設定するには、LANケーブルで有線接続しなければ設定画面には入れなくなるため、有線接続出来るパソコンが必要だった。(NECの無線LANで言うところのAterm.meでは設定に入れなくなり、それと同様のIPアドレスを手打ちしても、無線にはつながらない。)

 

僕のメインPCはMacbookAirで、LANケーブル端子のスロットがないため、別途USB接続出来るLANポートを用意して作業を進めた。

後述するTP-Linkの設定もこれでやった。

ブリッジモードにするとどうなるか

Atermのサイトの説明を読む。
http://www.aterm.jp/function/wg1800hp/guide/web/main/8w_m2ac.html#apmode-web

ブリッジモードを使うケースとして、

ルータを多重化することにより回線がもつスループットを十分に引き出せない場合。

とある。多重ルーターを解消すれば速度があがる可能性がある。

親機のルータ機能は停止されます。ブロードバンドモデムのルータ機能をご利用いただけます。悪質サイトブロック(ファミリースマイル)機能は、ご利用いただけません

悪質サイトブロックとかいうのは、NECの無線LANについてる付加機能で、これはもともと使ってないので問題無し。

実際に試してみたこと

 

1台目の設定(Aterm WF1200HP)

初期化しつつブリッジモードにする。

ルーターの後ろのスイッチをブリッジモードに切り替える。
(通常はホコリまみれ)

ブリッジモードにしてからリセットボタン長押し。リセットボタンはクリップなど長いものを使って長押し5秒ぐらいすると上のライトが赤くなり、そうなったら電源を抜く。

電源を抜いて1分待つ。インターネットのLANケーブル(WAN)と、PCのLANケーブルをブリッジモードのルーターに差し込んで、電源を入れる。これでブリッジモードになっている。

リセットしたので無線LANの設定はできておらず、名前も初期化されているのでパソコンから再設定する。

パソコンのWiFiをオフにする。オフにしてもパソコンとルーターは有線ケーブルで繋がっているからインターネットはできる状態。(ルーターの電源を入れてすぐは繋がらないので1分ぐらい待って、POWER、ACTIVE、2.4Ghzなどのライトがついたら使える)

ブラウザのアドレスバーに、下記に記されたIPアドレスを入力。Aterm.meでは表示不可。IPアドレス手打ちで入力。IPアドレスは下記参照。

http://www.aterm.jp/function/wg1800hp/guide/web/main/8w_m2ac.html#apmode-web

3.アドレス欄に「http://X.Y.Z.210/」を入力して、「クイック設定Web」 のページを開く

※「X.Y.Z」は1.で確認したネットワークのアドレス体系です。
1.で確認したアドレスが「192.168.1.3」の場合 →
「http://192.168.1.210」と入力する

初期化されているので最初にパスワードの設定画面になる。好きなパスワードを入れる。
パスワード設定の画面になれば、あとはユーザー名「admin」と指定したパスワードで設定にはいり、無線LANのSSIDとパスワードを設定して終わり。

 

2台目の設定(Aterm WG1800HP2)はうまくいかず

 

ここまでで、じゃあ2台目も同じようにできそうだ、と思っていた自分は甘かった。
問題は2台目のブリッジ接続である。
同じように有線で繋ぐと、なぜか先ほどのルーターの設定画面に行ってしまう。直接繋いでいる無線LANルーターにはアクセスできず、別のの無線LANルーターの設定に入ってしまう。
無線LANルーター2台のIPアドレスが競合してしまい、片方にしか入れなくなっているようだった。

参考:
http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=20723270/

これを解消するために、強制DHCPサーバ機能の起動を行ってみた。
http://www.aterm.jp/function/wg2200hp/guide/quickweb.html#kidou-br

これをやるとこうなる。

通常、ブリッジモードでクイック設定Webを起動するためには、本商品に割り当てられているIPアドレスをWebブラウザのアドレス欄に入力する必要があります。しかし、強制的にDHCPサーバを起動させることで、本商品に割り当てられているIPアドレスの確認をすることなく、クイック設定Webを開くことができます。(強制DHCPサーバ機能)

つまり、ルーターそれぞれに固定IPアドレスを割り振る手順を省けるはず。

で、やってみたんですが、設定まではできるんですが無線のインターネットがつながらず。。。

WG1800単独でブリッジ接続をやってみても、なぜかうまくつながらず、あえなく撃沈。固定アドレスの設定ができれば良さそうなんだけど、僕の知識ではできなかった。無念。。

TP-Link Archer C50に変えてできた

安いルーターを1台買って再挑戦しようかと思って、TP-Link製で一番安いのをみたら「Archer C50」というのが3000円ぐらいだったから購入。2.4GHzは300Mbpsまでだが、そもそもうちの光回線隼は100Mbpsも出ないのでこれで十分。

1台目をWF1200HPでブリッジ接続し、2台目のWG1800HPの方をTP-Link C50に変えてブリッジ接続する。

これでブリッジ接続したところ、あっさり成功。TP-Linkさん、設定簡単すぎ。。。今回は使わなかったが専用のスマホアプリでも設定できるみたいだ。

TP-Linkのルーターには電源スイッチが付いている。今までのルーターは1万円超えるモデルでも電源スイッチがなかったが、やっぱり電源ボタンはある方がいい。

これで光回線終端装置に繋いだ無線LAN2台のブリッジ接続が完了し、各階に置いた無線LANに無線接続でき、場所を移動した際もローミング機能でのスムーズな切り替えもできるようになった。

Fingで二重ルーターの解消を確認して、速度測定。

 

今までの結果ではかなり良い方。これで安定してくれそう。昼間の速度なので夜はどうなるか不明だが、Twitchの1080p動画も安定して見れるようなるといいな。次に買い増すときも多分TP-Linkにする予定。