お風呂用洗剤をパックスナチュロンに変えた感想

スポンサーリンク

去年の11月ごろ、ずっと使っていたお風呂用洗剤からパックスナチュロンのものに変えたところ、これがとても良かった。

以前まで使っていたのが、お風呂掃除に定評があるバスマジックリン。これは主成分が界面活性剤なので、ジャンルで言うと合成洗剤。

合成洗剤については下記URLのシャボン玉せっけんのサイトがわかりやすいです。

まずは知ってほしい、石けんと合成洗剤の違い|無添加石けんの「シャボン玉石けん」

たとえ合成洗剤でもお風呂汚れが綺麗に落ちるならそれでいいわけです。

しかし僕には次の問題がありました。それは、風呂を洗った後のすすぎがおおざっぱなときがあり、完全ではないってこと。急いですすいで浴槽掃除を終わらせたあと、湯船にお湯をためて入ってみると、お湯が微妙に泡立ってしまうことがあるのです!。つまり、洗剤が残っている!(自分のせいだけど!)

お風呂に入ったときに水面を手で叩いてみて5秒以内に全ての泡が消えなければ掃除後のすすぎが不十分である可能性が高いです。それは極端に言えば洗剤入りの湯船です。

つまり、僕のおおざっぱな掃除方法だと、完全にお風呂用洗剤を流しきれないのです!

だから洗剤入りの風呂に入る位なら、肌にいい方の洗剤の方がいいなと思うわけです(意味不明)。

パックスナチュロンは、合成洗剤ではなく天然由来の成分しか入っていないので、地球環境にもやさしいです。
パックスナチュロンのサイトにもこう書いてあります。

私たちがお届けしている製品はすべて、
肌や髪にやさしい天然の植物油を主原料としてつくられています。
人と自然にいいことだけを考えて、石油由来の合成界面活性剤や防腐剤、
合成香料、合成着色料は一切使っておりません。

パックスナチュロン(PAX NATURON)公式ブランドサイト | 太陽油脂

こいつはクールだぜ。だからといって肌に直接つけていいわけはないけど、気持ちこっちのほうがいいかな、と。

使って見たところ、オレンジの香りが心地よく安心して浴槽掃除ができます。僕は肌が弱いので、前のバスマジックリンは掃除中は目がしばしばして手につくのが怖かったので自分には合わなかったけど、こっちはそういう風にはならず、まあ後で洗えばいいか、という気持ちになりました。

お肌が弱い人はお風呂用洗剤も天然系にしたらいいかもしれないという話。
まあ天然=安全というのは実は謎理論であり天然でも人体に猛毒なものも当然あるから一概には言えませんけど、パックスナチュロンは口に入れてもいい成分から作っているということで安全なほうです。
気に入ったので使い続けようと思います。