バイクに盗難追跡装置として「Tile」を取り付ける(バイク以外でも追跡可) 追記

スポンサーリンク

僕はバイクに乗っているのですが、とても気に入ってるバイクなので盗難が怖いです。
防犯対策としていわゆる「地球ロック」と呼ばれる形の、チェーンでバイクを地面に固定されているものに繋ぐことはしているのですが、それでもやっぱりプロに狙われると持っていかれます。

プロも引くぐらい堅牢で高価なチェーンは用意できないし、ロックも3個以上付けると逆に自分が出るのが面倒になってしまうし、どうしようか。

そこで、万が一盗まれた際に、バイクがどこに行ったのか追跡できるようにしようと思い、Amazonの「Tile(タイル)」シリーズの一つ、「Tile Mate(タイル メイト)」をバイクの内側に隠れるように付けました。

Tileの特徴。Tileを使っている人が近くにいればスマホアプリでありかがわかる

「Tile(タイル)」は3センチ角ぐらいの薄い正方形をしていて小さい通信機器です。
用途は主に「Bluetooth通信で落し物を探す装置」です。
例えばTileを鍵に付けておいて、鍵ごとTileを落としてしまったとき、自分のスマホのアプリを使って場所を特定することができます。

TileはGPSではありません。Bluetooth接続とインターネットを使って位置を把握します。通信距離の短いBluetoothで見つけられる理由は、Tile所持者全員のスマホやPCのネットワークに匿名で繋がることができるからです。落としたTileの近くに別のTile使用者がいれば、そこで自動的に通信が行われ、位置が持ち主に知らされるという仕組みです(僕の理解ではこうですが間違ってたらすいません)。

 

参考(外部リンク)
クラウド忘れ物探しタグTileに薄型モデル。他社製品に組み込むプラットフォームも発表 – Engadget 日本版

 

つまり、周りにTileを持っている人が多いほど見つかる可能性は高く、逆に誰も人がいないような場所だと見つけられないので無意味となります。

僕は都内ではなく地方に住んでいますが、持っている人は意外と多く、駅の近くなら100人ぐらいは範囲内にいることもあり、Tileをつけた鍵を落としてもすぐに見つけることができるでしょう。そのTileをバイクにつけておけば、盗難されても人のいない山奥に逃げこまない限り追跡できるはずです。

Tileをバイクに設置してみる

設置したのは電池交換できない旧型タイプのTile。設置といっても、見えにくい場所に両面マジックテープで貼るだけの簡単な作業。

同じ大きさの両面テープ付き強力マジックテープを用意して、貼る。

あまりにもピンボケ画像になってしまいましたが、サイドカバーの内側に付けている図になります。見つからなそうな場所につけます。シート下などでもいいと思います。

懸念事項は炎天下の高温で壊れるかもしれないこと

バイクまわりは高温にさらされることがありまくるので、Tileが熱に耐えられない可能性は十分にあります。電池も入ってるし最悪爆発するなんてこともなきにしもあらず。僕はここに付けましたが、やるなら自己責任でお願いします。

もし盗まれても自分で追跡すると危ないです

というわけで、追跡装置を付けたはいいんですが、もし大事が起こっても自分で追跡するつもりはありません。相手がプロ集団なら何が起こるかわからないので、命の方がバイクより大事です。警察に相談し、場所を教えてあげるに止めるつもりです。もし僕と同じことをして犯人の場所がわかっても自分で乗り込んだりしないでください。
それとプロは電波の出る機器を発見するツールも使うらしいので、あっさり見つかってゴミ箱に捨てられているかもしれないです。

Tileの可能性は落し物探し、盗難追跡だけではないです

Tileの用途は色々あって、例えば薄いタイプなら介護用としても使えそうな気がします。目を離した隙に外へ出ていってしまう認知症のご老人に困っている話も耳にしたことがあります。お気に入りの服や靴などに気にならないように縫い付けたりできれば、追跡が可能になります。ただし田舎で誰もいないエリアだと無理ですが、そこそこ人がいる地域ならどこかへ出かけてしまっても見つけることができるかもしれません。いつも追跡するとなると人権的な問題も出てきてしまいますけど、用途の可能性としてはあると思います。

というわけで、僕はバイクの他に鍵にもつけています。Tileの電池寿命は1年ぐらいです。1年で2000円ぐらいの追跡保険だとおもってやってみました。

Tileシリーズはいくつかの薄さ・大きさがあります。電池交換できないタイプは2000円ぐらいで使い捨てでしたが、その後電池交換できるタイプが出たのでそちらのほうが長く使えると思います。

 

Tileと同じ仕組みのアイテムとして、Mamorioシリーズがあります。こちらは日本の会社です。

 

使ったマジックテープ


追記 2018/10/06

結局、外しました。理由は真夏は高温になって危なそうだったからです。付けるいい位置が確保できませんでした。

サイドバッグの底などに付ける分にはいいかと思いますが、エンジンやマフラーに近い部分はダメですね。今後サイドバッグを買ったらまた検討します。