IIJmioからNifmoへナンバーポータビリティ(MNP)してスマホ購入したときのやり方・かかった日数・費用

スポンサーリンク

数年間使ってきたIIJmioからNifmoへナンバーポータビリティ(以下、MNP)しました。
IIJmioには特に不満はなく感謝しております。
Nifmoへ移った理由は、キャンペーンで「Zenfone Max Plus M1」が半額だったからです!(そのキャンペーンは2018年3月26日に終了しました。)
この記事ではナンバーポータビリティするメリット、手順、かかった日数、費用を書きます。

格安SIMの事業者(MVNO)は定期的に変えた方がお得である

昔ADSLが全盛期だった頃、家のインターネット回線を定期的に変えるとその度に何万円分も安くなったり高いものがもらえたりした時代がありました。今だとドコモなどへMNPするとスマホが安く買えたりしますね。
それと同じような割引サービスが今MVNO(格安SIMを扱う会社)の世界でもあって、期間限定キャンペーンを利用してMNPすると最新端末が安く買えたりします(全ての事業者で行っているわけではなく、キャンペーンのタイミングもまちまち)。もしも月1600円の事業者から同じ月1600円の別の事業者に移ってもさほど遜色なく、欲しかった端末が半額で買えるなら、そりゃあ移ってもいいかな、となるわけです。

デメリットは半年ぐらいの縛りが発生すること(事業者やキャンペーンで変わるので要確認)、MNP代金や新規登録料が発生すること(合わせて6000円+税ぐらい、事業者による)、手続きを自分でやらないといけないことです。

なんだか今の回線が遅すぎるな、とか、キャンペーンで新しい端末安いな、と思っている人はMNPするチャンスですね。ただし2年縛りキャンペーンはおすすめできません。縛りはないほうがいいしあっても半年ぐらいが限界です。

IIJmioから転出しNifmoへ転入した際にかかる費用

IIJmioを解約してMNPする際に転出手数料として3000円+税がかかります。そして解約月の請求代金が日割り計算ではなく満額かかります。Nifmoに加入するときにも新規手数料3000円+税がかかります。

まとめると、
6480円+αが追加費用になります(2018年4月2日の場合)。MNPのタイミングが月末だったら通信料が重なる期間がほぼないので+αの部分は少なくなります(うまくいっても少し日数がかぶる)。この金額以上の端末割引が利用できればお得ということになります。

NifmoへのMNP申し込みのやり方とかかった日数

1日目

Nifmoのキャンペーンに申し込む

キャンペーンはこちら。やってないときもある。

https://nifmo.nifty.com/cam/

僕が買った時は端末が約半額+6ヶ月縛りだった。

ご利用状況照会からステータスを確認できる。

@niftyログイン

IIJのMNPに申し込む

予約番号発行まで4日かかる。手数料3000円+税。
進捗確認はここからできる。

IIJmio:ログイン

MNPを同時に申し込んで間に合うかどうかは後述します。

Nifmoに本人確認書類画像を送る

Nifmoのご利用照会ページから本人確認書類の画像を送ろうとおもったがすぐにはできず。
少し時間を置くことに。

2日目

Nifmoに本人確認書類画像を送る(リベンジ)

朝9時にNifmoサイトを再確認するとアップロードできるようになっていた。免許証の画像をスマホで裏表撮影し、アップロードした。
画像を送ると送付受付のメールが来る。
しかし12時間経っても未完了ステータスが変わらなかった。

不安になったけど、送付受付メールが来ていれば大丈夫なので待つ。

IIJmioのMNPが完了

IIJのMNPが1日で完了した。ありがたい。4日というのは祝祭日を跨いだり繁盛記?には遅くなるのかも。

3日目

本人確認書類を送った次の日に確認完了メールがきた。しかしサイトのステータスは依然として未完了ののままだった。

4日目

Nifmoサイトの本人確認ステータスが完了になり、機器配送依頼待ちになった。

5日目

夜に発送完了メールが来た。

6日目

スマホ端末ゲット

スマホ端末が届いた。ヽ(´∀`)ノワーイ。なぜか端末代が代引きだった。
僕の場合は手元に来るまで6日間だった。スムーズに行った結果このぐらいなのでもっとかかる人もいると思う。

7日目

IIJmioから解約完了のメール。僕は月末に行ったのでちょうどよくメールが来たが、このメールは料金請求が終わった月末に送られるものかもしれない。

スマホが手元に届いたらする設定

Nifmoへの回線切り替えをする

新しい端末にSIMを差して起動。Nifmoが送ってきた紙「Nifmoへの回線切り替えのお願い」に書いてあるMNP用のURLから回線切替設定。

http://nifmo.jp/kirikae/

スマホのAPNを設定

スマホの設定でAPNをNiftyにする。詳細はNiftyから送られてくる「はじめに必ずお読みください」の紙に書いてある。

その他気になったこと

IIJmioのSIMカードは返却するか

IIJmioでは、解約したSIMカードを自費で郵送することになっている。IIJだけでなくMVNOのSIMカードは「借りている」形になっているので返却しなければならない。めんどくさいけどこの借りる形というのが安くなる仕組みの一つなのかなと思う。

返却先はこちら。

SIMカードの返却方法を教えてください。 | IIJmio

ただし、紛失した場合は返却しなくてもよく、罰則もない。

SIMカードを返却できなかったらどうなりますか? | IIJmio

SIMカードはレンタル品だという認識が正しいが、このルールなら返さなくてもいいかなーと思う人もいるだろう。

IIJmioのMNP申し込みのタイミングはNifmo申し込みと同じで大丈夫か

NifmoにMNPを申し込むときにこれが一番不安だった。どのタイミングでIIJmioにMNPを申し込めばいいのかわらなかった。
結果として同タイミングで問題ないという結論。
MNPの予約番号は有効期限が発行日含めて15日間という縛りがある。
NifmoのMNPは、この有効期限が12日間分残っている必要がある。
IIJmioのMNP予約番号発行には最大4日間かかるので、番号が発行されてから申し込むのがタイミング的には良いが、Nifmoのキャンペーンが期間限定だと待っていられないので、同時に申し込んでNifmoの予約番号を入力待ち状態にしておいて、予約番号が発行されたら入力する形をとった。

お申し込みの流れ |音声通話対応SIMカード(MNP転入) | 格安SIMのNifMo(ニフモ)

こんにちはNifmo。ありがとうIIJmio

というわけでNifmoユーザーになりました。MVNOへの入り口を開いてくれたIIJmioには感謝しています。Zenfone Max Plus M1があまりにも快適だったので、今回のキャンペーンを利用してよかったと思っています。