HTMLとCSSとウェブデザインを学べる初心者用の参考書を初めて最後まで読めた

スポンサーリンク

過去に何度かサイト制作のHTMLとCSSを一度しっかり勉強するぞ!と思ってHTMLとCSSに関する参考書を買ったことがあるのですが、2章あたりで実習に手がつかなくなり、やっぱいいわ、、と思ってしまってそのまま本棚に封印されるということが何度かありました。

根気がないというか、どうも続かず、そもそもやる気もあるんだかないんだか自分でもわからず、手がつかなくなったということはそういうことなんだろうと思い、放置しました。

そして初めてブログを書いてから数年後(何年かかってるんだ)、ついに1冊通して実習しながら読めました。それがこちらの本。

HTML&CSSとWebデザインが 1冊できちんと身につく本
技術評論社 2017/7/21
服部 雄樹 (著)

この本は大変読みやすく、学習しやすかったです。言葉が自分に合っていました。本も開いたあとで閉じにくい加工がされているタイプです。
学習はChromeブラウザとBracketsというアプリを使うのですが、こういう無料の便利なコーダー?アプリがあるのも知らなかったぐらいでした。

brackets

ちなみに最後まで読めたと言いましたが、問い合わせページのところは割愛されたPHPの知識も必要になるということで流し読みで済ませましたが、一応最後まで一通り理解できたと思えたのは初めての経験です。たぶん1週間経ったら忘れますけど。僕が一番勉強したいレスポンシブデザインのところは少なめでしたが、基礎を確認するにはとても良い本でした。

はてなブログはちょっとしたCSSを覚えるには最適な環境である

こういったHTML&CSS本を最後までこなすことができた理由は、はてなブログでブログを書いたということが大きいです。前に使っていたBloggerだったり少しいじったWordpressだと改変する場合はテンプレートをある程度理解する必要があり、中の長いテンプレートを見てしまうと絶望感が漂い、一体どこをいじったらいいのかよくわからないままでした。一方、はてなブログのCSSは改変しやすい工夫が施されていて、元にあったテンプレートを少しずつ微調整することができて、それでいてわからなくなったら一旦全消し(初めから書いてあった数行以外)できてリセットが効くのが素晴らしかったです。だからいじってみようと思えたのでした。ここまで来るのが長かったなー。

この本では僕が最も興味があるFlexboxでのサイト作成についてはあまり書いてなかったので、そっちの本をまた探してみるか、あとはネットで学習していくかどっちにしようかという感じです。