HDMIセレクター(切替器)を選ぶときの注意点。HDCP2.2対応かどうかに気をつけるべき

スポンサーリンク

先日、HDMIセレクター(切替機)を買ったのですが、失敗してしまい、買い直しました。
気をつけた方がいい注意点を書きます。

HDMIセレクターを選ぶときに注意した点3つ

僕がHDMIセレクターを選ぶとき、次の3つに気をつけました。

4K対応かどうか

これは間違えようがありません。商品名に4K対応などの記述があります。

60Hz対応かどうか

HDMIセレクターには対応リフレッシュレートがあります。この数値が大きいほど映像が滑らかに動きます。60Hzならモニタの映像が1秒間に60コマ切り替わります。
4K対応のセレクターは現状だと「30Hz」「60Hz」の両方が売られています。

60Hz対応セレクターのリフレッシュレートを活かすには、モニタの性能と、出力側の機器の性能も対応している必要があります。

自分が使っているモニタは60Hz対応なので、60HzのHDMIセレクターがちょうど良かったです。

一部、ゲーマー向けのモニタで144Hzなどの高速なリフレッシュレートを持つモデルがあります。そういうモニタに対応した高速なHDMIセレクターは僕は知りません。そういうモニタでシューティングゲームをやる場合は直刺しの方がいいと思います。

HDCP2.2対応かどうか(重要)

これです。僕は今回これが言いたいのです。このHDCP2.2に対応していないと「FireTV 4Kモデル」の4Kストリーミング動画が見られませんでした。4K対応と書いてあるHDMIセレクターを選んでもダメでした。2Kなどの少しレートを落として映像になりました。

僕が間違えた例がこちら。GREENHOUSE様の周辺機器を例で上げます。

www.green-house.co.jp

こちらの5口セレクター「GH-HSWB5-BK」は4K対応です。Amazonでも売れ筋です。しかし落とし穴があります。FIreTVの4K動画を見ようとすると、「お使いの機器はHDCP2.2に対応していない」というエラーが出て見ることはできませんでした。
もちろんこの商品がダメなわけでは全くなく、用途により、こちらのセレクターでも問題ありません。しかし僕はFireTVの4Kを見たかったので、エラーが出た時は「マジか、やっちまったぜ。。。」という気持ちになりました。

www.green-house.co.jp

こちらのHDMIセレクター「GH-HSWD4-BK」はHDCP2.2に対応しているとしっかり書かれているので問題ないでしょう。上のモデルと見た目はそっくりですが中身が違います。

 

追記:こちらのセレクター、よく見ると5口ではなく4口でした。HDCP2.2対応のモデルは入力が1個少ないんですね。買うまで気づきませんでした。またちょっと失敗しました。

HDCP2.2対応かどうかを注意深く見て選んだ方が良いです

HDCP2.2というものがあることを知っているか知らないかの違いだけなのですが、これが非常に大きいと思います。HDCP2.2に対応していないモデルは「HDCP2.2に対応していません」などと親切に書いてないので、購入した後で気づくことになります。

というわけで、HDCP2.2対応としっかり書いてある商品を買った方が無難です。

 

僕が現在使っているHDCP2.2対応のHDMIセレクターについてレビューも書きましたので、手動切替ですが使いやすいです。

HDMIセレクターで4K/60fps PS4対応のGREENHOUSE GH-HSWD4-BKレビュー(HDCD2.2対応)
以前使っていたHDMIセレクターは、気になる点がひとつありました。PS4をプレイ中に稀に意図しないタイミングで勝手に映像機器が切り替わってしまうことです。この問題を解決する機器を探したところ、「GREENHOUSE 4ポートHDMI...