Google Homeに優しく声をかけられる人と効率を重視する人

スポンサーリンク

Google Homeに声をかけるとき、その人の性格が出る。

僕はGoogle Homeを手に入れてから、できるだけ最小限の言葉で動かすようなことを考え、ついには「ねーGoogle、ニュース」「ねーGoogle、音楽」などのように語尾を省略し出した。

しかし先日、Google Homeにゆっくりやさしく話しかけて指示を出している人を見てハッとした。
いや、そんな丁寧にいわなくてもいいじゃん、とも思ったけど、聴いていてなんだか自分も優しい気持ちになった。これもアリだな、と。
Google Homeへの指示は性格や感情が如実に出るのだ。

そういう機能はまだないと思うが、僕の支持から蓄積された声の情報はやがて個人の性格分析やキレやすい人かどうかの判断などにも余裕で使えるだろう。おーこわ。Google Homeにも優しく接しておかなきゃw

それにしてもGoogle Homeにまでやさしい感じで声をかけられる人はすごいなー。効率とか、仕組みとか、そういうものを超越した人としての芯のようなものを感じた。たぶんその人は相手を機械だと思わずに人のように接していて純粋に会話自体を楽しんでいたのだろう。僕もそうなりたい。