Google Homeの音量調整は音量を0.1刻みで操作・指示できる

スポンサーリンク

Google Homeは音量を声で操作できる。
しかしその音量の幅がおおざっぱだ。
「ねぇGoogle、音量を3にして。」と僕はGoogle Homeに指示をした。ちょっと音が小さい。
「ねぇGoogle、音量を4にして。」と再び指示をした。でかくなりすぎ。

Google Homeの音量調整にはこの中間はないのだろうか。

Google Homeは音量を0.1刻みで調整できた

ためしに、
「ねぇGoogle、音量を3.5にして。」と言ったら、なんと効いた。
「ねぇGoogle、音量を3.9にして。」と言ったら少し大きくなった。4に近いから多分3.9として機能している。
これは使える!

Google Homeは音量を0.1刻みで声の指令ができるのであった。正直言って0.1刻みなのか0.2刻みなのか技術的なことはわからないけど細かく指定できるというおおざっぱな情報です。ちなみにこの指令に失敗すると、3.8にしたつもりが後半の8のほうに反応してしまい爆音になってびびったこともあるから、0.1刻みで音量調整するときは多少びびりながらやっている。

 

追記

Google Homeの音量はパーセントでも指定できた

Googleアシスタントに今の音量を聞いてみると、「38パーセントです」と言った。
パーセントでも指定できた。「音量を36パーセントにして」。これでも調整可能。

パーセントで指示すれば間違いがないので、今後は「○○パーセントにして」と言うことにした。