GARMIN Instinctの心拍計を使った感想

スポンサーリンク

GARMINの「Instinct(インスティンクト)」をしばらく使ってみたので軽く感想を。

すでにネット上には他にもたくさんレビューがあるので、僕は主に心拍計(脈拍計)についてのみ書きます。

 

Instinctの心拍計がうまく作動した

Instinctの心拍計がうまく作動した。150以上の脈拍も測定できた。

僕が言いたいのは、これだけです。本当に嬉しい。

いやいや、心拍計が測れるアクティビティトラッカーはいっぱいあるじゃないか、と思うでしょう?僕の場合はそうではなかったのです。今まで買ったものはなぜかうまく心拍が測れなかったのです。

僕は2〜3年前に、同じGARMINの「vivosmart HR J」というモデルが発売されたとき、即購入しました。当時は手首だけで心拍が測れる商品はほぼなくて胸のハートレートモニターが必須だったので、胸の機器なしのモデルのものすごい進化に驚き、やってみたくて購入しました。

しかし、僕の手首での測定はなぜかうまく作動しませんでした。脈拍が135を超えると、急に低く飛んで測定されてしまうのです。高価だったこともあり非常に残念な思いがしました。その後、いろんな人のレビューを見てもわりと高評価なアイテムだったので、僕の手首との相性が悪かったんだな、個人差なのだな、と思って心拍を測ることを諦めていました。

それから数年が経って、新製品「Instinct」が出たのでまた買ってみようかと思いました。高価なので、また駄目だったらかなり凹む可能性がありました。しかし、今回はその賭けに勝ったようです。Instinctはちゃんと心拍が測れています。それがとても嬉しい。

急激に心拍が上昇するような動きをしたときは、数値が後から追いかけるように上がっていく感じはあります。

液晶裏の光を見ると、HRJと同じで3点の緑の光を照射して測るタイプですが、きっと内部処理が進化したのだと勝手に思っています。

電池がえらい持つ

HRJのときは、5日ぐらいで充電が必要でした。でもInstinctはかなり持ちます。そろそろ切れたかな、と思ってみても電池マークの目盛りがまだ残っています。公称では14日持つという話ですが、実際そのくらい持ちます。GPSを使いまくったらもっと短いと思いますけど。非常に快適になりました。

その他 思ったこと箇条書き

ランニングするときにGPSをオンにして走れば、リンクしたスマホのガーミンアプリで走った地図を表示できて面白いです。

液晶はタッチパネルではありません。操作性は問題ありません。

液晶のスキン(アバター)をいろいろ変えられるんですが、脈拍モニターグラフと円窓で心拍数を常に表示させておくと面白いです。階段をのぼると一気に120ぐらいまで心拍が上昇するのを知りました。階段は心臓に負担があることがわかります。

外して充電するとき、以前のHRJのときはちょっとした振動でピカピカ光って目障りでしたが、Instinctはあんまり光らない気がします。

僕と同じように心拍が測れるか不安な人は、家電量販店などで試着してその場で軽い運動をしてみたらいいかもしれません。多分、相性はあると思います。トラッカーお試しランニングコーナーがあったらいいんですけどね、そういうのは見たことないですね。踏み台があるだけでもいいんですけど。

というわけで、お気に入りアイテムになりました。