電気ひざ掛け毛布をタイマーとセットで使用してます。電気代も安い。

スポンサーリンク

ナカギシの電気膝掛け毛布は今年で3年目。

寒くなったなぁ。
つるべ落としですぐ日も暮れるし。
うちのコタツに布団を装着したし、電子ひざ掛けもそろそろ必要かな。

電気ひざ掛けは電気代も安い(1時間あたりの電気代が1円以下のものが多い)。
とにかく使い易い。
ソファでも地べたでも揺り椅子でも、どこでもあったまれるし最高。

僕が使っているのはナカギシの赤いチェック柄のを3年前ぐらいから使っている。
水洗いもできるし、少し毛羽立っているけど全然まだ現役。

↑お腹にかけてる

ダニ退治モードもついてる。ダニ退治っていっても高温設定にした結果、ダニがいなくなるようだけど。

電気ひざ掛けやこたつは、別売り電源タイマーとセットで使うと消し忘れても安心

電気ひざ掛けやこたつはずっとつけっぱなしで寝ちゃったり、消し忘れて出かけてしまうときがあったりするから、コンセントの終わりに別売りタイマーを接続して使っている。

時間になったらスイッチオンにするか、時間になったらオフにするかの設定をコンセントの差し込み方で選べる
タイマーオフにする設定で使うとタイマーを回さない状態だと通電しないので毎回つけるときにタイマーを回してセットする必要があるが、これを毎回1時間ぐらいにセットしておけば放置しても自然に切れるので安全で便利。お年寄りがいる家もタイマーを使うといいと思う。慣れてくると電気ひざ掛けのスイッチはずっとオンで、タイマー側でスイッチをオンにする習慣ができてしまうが、この習慣はあんまりよくないかも。

電気膝掛けとこたつとタイマーで寒い冬に備えよう。
下のリンクはなかぎしではなく椙山(すぎやま)というメーカーのものだけどこっちのほうがレビューが多かった。

ダイヤルタイマーは僕が買った頃は3時間までしかなかったと思うけど、今は11時間のものが出ているみたいだ。

 


追記2018/12/13

最近は遠隔操作で通電をオンオフできる機器が出ている

補足情報ですが、最近はコンセントの通電をリモートでオンオフできるスマート機器があります。Amazonなどで「スマートプラグ」で検索すると出てきます。

Google HomeやAlexaなどからオンオフの指示ができるとのこと。うまく使えばコタツや電気毛布の切り忘れを遠隔操作でオフにできそうです。
かなり気になっていますが、熱源に関することなので、個人的にはまだ様子見です。