ダリフラ15話感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

注意。ネタバレあり

14話は最悪だった。13話で一気にゼロツーとヒロの関係が詳らかにされ、これはハッピーな展開に向かうかなと思ったところでイチゴの暴走とも言える利己的なリーダーシップにより事態は最悪な方に向かった。

14話を見たとき、これはこの方向で粘る気なのか?正気か?と思った。マンガで良くある引き伸ばしのように、こじらせたまま何話か溜めてまた徐々に近づけていくのかと思った。一度引き離される方向に舵を切った物語はそう簡単には戻らない、そう思っていた。

しかし、その推測はいい意味で裏切られた。僕はアニメの先の展開を読む力が全然なかった。たった1話でバッドエンド側に面舵一杯に切られこじれた物語は、またしてもたった1話で全力で軌道修正の取舵一杯切られ、超スピードでハッピーな方向に戻ってきたのであった。これこそがアニメの展開力なのだ。14話というストレス満載の回でいっぺん視聴者をどん底に叩き落としたからこそ、15話が僕の心により深く刺さったのだった。

15話は最高の展開だった。あっという間でもあり、妙に長くも感じた。これがマンガやショボいドラマだったら結ばれる手前辺りでぶった切られて次週持ち越しとなっていただろうが、ダリフラ15話は一気に加速して行くところまで行ったのが素晴らしい。これですよこれ。ヒロのパートナーが居なくなって取り残されたとき、画面に文字が出たところから心の葛藤と疾走が始まりヒロとゼロツーのキスまでがノンストップだった。ヒロがかわいいオールみたいなわけわからん武器を持った訓練機で走って来るシーンはギャグっぽさもあったが最初からこのアニメを好きで1話も欠かさず見ている人であれば「今しかない!行ってくれ!ヒロ!」と思ったはずである。

ゴローのサポートも素晴らしかった。またイチゴが邪魔して終わったら流石にイチゴファンも「えぇ、どうなの」ってなったと思う。ゴローはヒロとゼロツーを引き合わせることで自分とイチゴが結ばれるわずかなチャンスまで計算していたのかは不明だが(邪念)、ゴローの判断は正しい。

15話は恋だけでなく盛りだくさんな内容で、ナインズの戦闘も見られて女キャラが男のポジションに居るシーンも印象に残ったし、プロトコル32であっさり自爆攻撃をやらされた部隊は無駄死感が高かった。

その他にコアの中に胎児型の何かが入っていたことは物語のキーポイントになりそうな部分であり、プランテーションのバックアップを取ってから爆発させたという部分も今後のヒントである気がする。ヒロたちとゼロツーが何者であるのかについての憶測を呼ぶ。

15話は見ていて最終回を見ている感じがあった。後半は何度見ても良いし、ゼロツーの幼少期が出ると涙を誘う。しかし、幸か不幸かまだ物語は続くのであった。ここからゼロツーが更に幸せになる展開はあり得るのだろうか。急速に舵を取られた展開はゼロツーの今後が心配になるほどだ。これが最終回に近かった回であったら幸せになる方向で維持することもあるが、まだ2転3転する波乱が待ち受けて居るだろう。正直言って最初の10話ぐらいは何となく見ているだけだったけど、もう目が話せない。このアニメを見ていて良かったと思える15話だった。中島美嘉の主題歌も、最初は何か合わないな、微妙かな、くらいに思っていたのに、今ではこの曲しかないぐらいに自分の中で成長して脳内再生が止まらない時もあるくらいだ。アニメのシーンとの相乗効果でもあるが本物の歌手の歌声ってやつは魔法だ。

16話は2週間後になりそうなのでしばらくこの余韻に浸れるだろう。区切りが14話だったら阿鼻叫喚だったが15話の区切りが心地良い。

15話まで見終わったら、下記のanimate Timesさんの記事を読むとより深くダリフラの世界を知ることができます。

『ダリフラ』特殊ED回に込められた監督の特別な想い|TRIGGER若林Pインタビュー | アニメイトタイムズ