はてなブログを始めてから最初に設定したものと気をつけること備忘録(独自ドメイン含む)

スポンサーリンク

 

これではてなブログを始めるのは3度目だったりします。
毎回最初にやることを忘れ、その度にググったりしていますが、後でこれ忘れてた!ということもしばしば。
いくつか注意点を備忘録として書いておきます。

投稿はカスタムURLを使うのを忘れないように

適応日:2017/04/17〜

f:id:mikanumay:20170417223607p:plain

使った方が、あとで便利。URLだけで内容がわかるようにできたり、更新日時を変更したときに日付が入ってないURLのほうが便利。

入力はMarkdownをメインにする

ブログを簡単に整えて入力する記法で、markdownがある。最初は「見たまま編集」になっていたからmarkdownに変更。
ダッシュボード > 設定 > 基本設定 >編集モードをmarkdownに。

markdownで僕が良く使うのは3種類。

  • 頭に#マークを付けるとその文が見出しになる。
  • 文の終わり半角スペースを2つ打つと改行。
  • 1行空けると、1行空く。

他ははてなブログの編集画面のアイコンをポチッと押せばリンク挿入や引用などできるからそっちを使っている。(本当はこれらもmarkdownで入力可能)

Markdown – wikipedia

長い記事は「目次機能」をつかう

目次をつけるのってめんどくさそうと思ってたんだけど、はてなブログのmarkdownでつけるのは簡単だ。編集にある「目次」アイコンを押して1行のコードを入力するだけで、あとは勝手に見出しを目次にまとめてくれる。すごい。

f:id:mikanumay:20170417231940p:plain

たぶん検索対策のために毎回つける人もいるみたいだけど、数行のブログにつけても邪魔になるからある程度長い時に目次を使うのが本来の使い方だと思う。

AmazonアソシエイトIDを登録

ダッシュボード > アカウント設定 > 基本設定 > AmazonアソシエイトID。

カエレバなどの外部ツールを使う場合は不要。

Twitterアカウント連携

ダッシュボード > アカウント設定 > 外部サービス連携

Google Analyticsに登録

まったりブログならやらなくてもいいかと思ったけど、一応登録。
登録して、はてなブログに解析タグをいれておくと、ブログの細かい情報が手に入る。

Google アナリティクス – モバイル、プレミアム、無料のウェブサイト解析 – Google

登録して、コードとトラッキングIDを手に入れたら、はてなブログ側で、
ダッシュボード→設定→詳細設定の解析ツールにIDをコピペ。

長いコードの方は、設定 > デザイン > カスタマイズ(スパナマーク) > HTMLを貼り付けられる場所(ヘッダとかフッター)にコードを貼り付け。
僕はフッターにした。

Google Search Consoleに登録

最初のうちはせっかくブログ記事を書いても、Googleの検索にひっかからないので、それを引っかかるようにするために、Search Consoleに登録。(使い方あってる?)
ブログを登録するが、その登録したブログが本人のものかを確認する作業が必要。Google Analyticsに登録してあれば、そのままGoogle Analyticsを選べば先に進めるし、なければ、「別の方法」>「メタ タグをサイトのホームページに追加」でメタタグを表示してコピーし、
ダッシュボード > 設定 > 詳細設定 > 解析ツール > Google Search Console(旧 Google ウェブマスター ツール)に貼り付け。

その後、サイトマップを送信してgoogle先生に俺のブログはここを見てくれとアピールしたいので、サイトマップURLを送信する。はてなブログならsitemap.xmlをつけて送信。
f:id:mikanumay:20170417230039p:plain
↑今はドメインが違うが、独自ドメインでもsitemap.xmlをつけるのは同じ。

はてなブログproに加入

月額か年額を払ってproに加入すれば、いらない広告外せる。キーワードマッチという、勝手にキーワードをリンクに変える機能をオフにできる。このキーワードリンクが結構やっかいで、proに加入したタイミングで設定をオフにする機能が使えるようになるのだが、proに加入する以前のキーワードリンクは消えない。以前の分も消す場合は全て手動でコードを消すはめになる。だから、いずれproにするなら早めにproにした方がいい。以前1年分購入したけど途中でアカウントごと消去してしまった経験があるが、再びチャレンジすると決めたので再度購入。2年間買わなかったところに自分の意思の弱さが垣間見える。めでたくproにしたらキーワードマッチをオフにすることを忘れずに。

独自ドメイン名取得

はてなブログproにしないと独自ドメインを使えない。proにするお金があるなら独自ドメインは安いもんだ。proは8500円ぐらいするけど.comドメインはお名前.comなら700円ぐらいだし、.xyzなんて30円くらいだ。
やるメリットとしては、将来的に他のブログサービスに移籍しても、同じアドレスが使えることと、独自ドメインは検索結果で優遇されるという。

Bingウェブマスターに登録

Bingで検索する人向けに登録しておこうと思ったが、職場とかも入力する必要があってちょっとめんどくさいなと思ったけど登録しました。しかし、Bingからの検索流入はあまりありません。

Amazonアソシエイトにサイト登録

Amazonアソシエイトにログイン > 画面上部の自分のメアドをクリック > アカウントの管理 > Webサイト情報を確認 >登録WebサイトURLに自分のサイトを入力

 

入力するだけではだめなようです。Amazonアソシエイトのヘルプに、こういった記載がありました。 f:id:mikanumay:20170524163520p:plain
この記載は、2017年3月の変更後にも記載されています。要約すると、プログラムに参加した後にURLを追加する場合はカスタマーサービスに連絡して、とあるので新ブログや新サイトは報告が必要であるようです。これすごくわかりにくいですね。ヘルプを全部読まなければ気づかないでしょう。アカウント管理からURLを追加しただけで登録ができたような感じがしてしまいます。

 

このくらいかなぁ。他にもあったら追記します。

 


 

追記:2018年1月22日

追記。やっておけばよかったこと。画像はGoogleフォトを使うこと!

9ヶ月ブログを運営してきていまさらですが、画像を少しずつGoogleフォトへお引越ししています。過去記事も少しずつ貼り替えています。
なぜGoogleフォトを使った方がいいかというと、ブログを引っ越すことになったときのリスク管理です。
僕ははてなブログから引っ越す気はほぼありませんが、これから生活をかけてガチブログを書こうと思っている人は万が一のことを考えて画像はGoogleフォトを使うのがいいかもしれません。

理由は、はてなブログの記事全てをエクスポートして他のブログにインポートして引っ越すようなことがあったとき、画像だけが全てはてなに残ったままにしたくないからです。はてなの画像リンクがあれば他のブログにエクスポートしても画像は問題なく表示されるはずですが、客観的に見てはてなよりGoogleの方が何十年後も存続している可能性が高いので、本腰を据えてブログを書き続けるなら画像はより安心なGoogleに保存しておこう、という趣旨です。Googleフォトから画像を参照して表示する形式にしていれば引越しをしても画像リンクは変わらないので、引越し先でも画像を表示できます。

 

追記:2018年11月7日

その後WordPressに引っ越しましたが、結局はてなブログにアップロードした写真でも、Googleフォトから貼り付けた写真でもどっちも表示されるので別にGoogle使わなくても良かったかもと思ってます。ただ、WordPressはWordPressサーバーに画像をアップロードしないと、はてなブログのようにアイキャッチ画像としては使えないようなので、どっちにしろ過去記事の画像はWordPressのサーバーに上げ直すことになりそうです。

その他引っ越しについてはこちらにまとめました。

Blogger→はてなブログ→WordPressの引っ越し記事など
過去にBloggerとはてなブログでブログを書いて、今はWordPressで書いています。何度か引っ越しをしてきたので、その際に書いた記事をまとめておきます。Bloggerとはてなブログを実際に使って気づいた点などB...