バッグの裏側の防水ウレタン加工が劣化してベタベタになったので剥がす方法を探して試した

スポンサーリンク

Dana Design(デイナデザイン)という、アメリカのバッグのメーカーがあります。

機能的なバックパックやウエストバッグとかを作っていたこのブランド。

好きだったんですが、最近全然見かけません。

なんかいろいろあったようで、作ってたデイナ・グリーソンさんは今はMystery Ranch(ミステリーランチ)という別のブランドのバッグを作っているそうです。

このDana DesignにLONE TRAILというウエストバッグがあり、使っていました。買ってからすでに10年以上経っています。

まだ使えるよって言いたいところですが、バッグの内側の生地がベットベトのベタベタになっていて使う気がおきません(T_T)

これは生地の表面に防水加工をしたポリウレタン(ウレタン塗装)が経歴劣化することで起こります。加水分解といいます。

ポリウレタン – Wikipedia

こんなベタベタになる素材使わないで。。。とちょっと思ったりもします。

チャレンジジョイなどの洗剤で洗ってみたけど、全然落ちない。

表面裏側のここが特にベタベタ

どうしようもない。

そして私は諦めました。

〜第一部完〜

〜1年後〜

バッグを押入れの奥にしまったまま季節は流れ、ある日のこと。

ネット上でこんな情報を見ました。

ザックなどの劣化したPUコーティングの除去方法 – ヤマレコ

これだ!

重曹を使えばいいのか!

ベタベタの部分が酸性で、それをアルカリ性の重曹で中和するということらしい。

過去に、「重曹で汚れがこんなにピカピカに!」みたいな情報を試してみたけど、あれ、効果薄いな。。。みたいなことがあったので重曹の効果には疑心暗鬼ですが、これはやってみなくては。

薬局で重曹(炭酸水素ナトリウム)

を買ってきた。

しかし100円ショップで買えばよかった。。。薬局のは高いし胃のもたれに効いてしまう。

バッグがなみなみ入る大きめのバケツに45度のお湯を入れ、重曹を半分(250g)ぐらい入れ(てきとーに箱半分入れた)、溶けたらバッグを突っ込んで浮かないように鉄アレイを乗っけて沈め、放置すること1日。その間2回ぐらいはかくはんしました。

バケツの色がかなり赤くなっていたので、これはいい感じなのか、それとも赤バッグの生地からダシが出てるだけなのか不明でしたが手応えあり。カスみたいなのは浮いてこなかった。仕上げに洗濯機の手洗いモードで洗って軽く脱水して干した。

作業中の写真を撮ってないけど気にしてはいけません。

綺麗に乾かしたあとの写真がこちら!

結果は、ベタベタでテカっていた部分がカラっと乾燥しており、ベタつきがなくなっている!成功です。嬉しい。

他の部分も、ところにより白くなっていたけど雑巾でこすったら白いところも落ちた。ヒモの部分が少し赤く染まったかな、と思うけど、また使えるバッグに戻ったのでやってよかった。

なお、僕はこれでダメなら捨ててもいいぐらいの気持ちでやったので洗濯機に入れたり鉄アレイ乗せたりしてますが、大切なバッグならアウトドアショップとかで一度相談したほうが無難です。

参考:

伝説のブランドを現代的にアップデート! | OSHMAN’S 現行のdana designについて

リンク:

MYSTERY RANCH -ミステリーランチ- 公式サイト