iCloudの写真をAmazonプライムフォトに全部保存してからiCloudフォトストリームを全削除した

スポンサーリンク

iCloudの無料ストレージは5GBまでだ。でも端末を2,3台持っているとアプリのバックアップだけでiCloudの容量が一杯になってしまうことがある。
iOSの設定でiCloudの「ストレージを管理」を確認してみると、iCloudフォトライブラリが大きなスペースを使っている。写真を撮って消さずにいたためにスペースを圧迫していた。

なので、iCloudの写真を全部消して、写真は別のクラウドストレージで管理することにした。

GoogleフォトとAmazonプライムフォトどっちにするか問題

GoogleフォトもAmazonプライムフォトも無制限でアップロードできる。このどちらかを使いたい。

Googleフォトは無料だと一部制限がある。1600万画素までの大きさの写真は無制限で保存できるので問題ない。一眼レフで撮影するような高画質写真を大きいサイズそのままアップロードするには課金が必要になってくる。そしてRaw画像(jpeg等に変換する前の画像加工しやすい形式)は保存できない。

一方、Amazonプライムフォトは大きなサイズもRaw画像も全てアップロードできる。もちろんプライム会員としてお金を払っているから無料という感覚ではないけど、Googleフォトより受け入れ幅が広い。

スマホでしか写さないならGoogleフォト、一眼レフなどで大きいサイズを保存したいならAmazonプライムフォトがいいんじゃないかと思った。
ということで僕はAmazonプライムフォトを選んだ。

悩んだ結果、Amazonプライムフォトへ

Amazon Photosのスマホアプリを使えばiPhone/iPadに保存した写真を簡単にアップロードできる。Androidならフォルダを指定してフォルダごとにアップロードするかしないか選択できる。iOS版は最近のアップデートで写真を選んでアップロードできるようになった。選択がめんどくさいなら全てアップロードする機能をオンにしておけば、Amazon Driveのクラウドに写真が全て保存されるから、もうiCloudの写真は必要ない。時々Amazonフォトアプリを開く必要があるが、同期したら端末の写真は全て消してしまう。いつでもAmazonフォトから再ダウンロードできる。
勢いでMacに保存してある写真も全部Amazonフォトにアップロードした。Macの写真app内のデータも選択するだけで簡単に全てアップロードできる。

iCloudの写真を一気に消すには、設定のiCloudの写真からマイフォトストリームをオフにすれば全消しできる。

 

 

追記:

iCloudの容量が足りなくなったときにやることの記事も書きました。

iCloud内のデータを減らす方法
この記事ではiCloudへ保存するデータを5GB以内に収める方法、容量を削減する具体的なやり方、バックアップできないケースがあるのはなぜかなどが書かれています。使用したバージョンはiOS11です。機種変更をしたら一杯になってしまった場合...